影の薄い便利屋と鷲の目の男

影の薄い便利屋と鷲の目の男

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 630

2016年スパークで出した影トリオ便利屋+刑事パラレル本の続きです。単体でも読めますのでご安心ください。 【 あらすじ 】 便利屋に入社して4か月が経ったある日、黛は事務所で1枚の写真を拾う。 そこには警察学校時代の黒子と高尾と…もう1人、見知らぬ赤い髪の男が映っていた。 「コイツは……誰だ」 そんな時、便利屋に人探しの依頼が舞い込む。情報を得るために黒子と黛が向かったのは誠凛メンバーの経営するカフェバー。そこで二人はとある情報屋と出会うのだが―― 「そろそろ話さなければと思っていたんです。ボクの過去のこと」 黒子の過去、そして黛に関する重大な真実が明かされる。 ※本文はpixivにて掲載中。 ※表紙はクラフト紙に印刷されるため、画像のものとは雰囲気が変わります。 ■A5 ■56P

2016年スパークで出した影トリオ便利屋+刑事パラレル本の続きです。単体でも読めますのでご安心ください。 【 あらすじ 】 便利屋に入社して4か月が経ったある日、黛は事務所で1枚の写真を拾う。 そこには警察学校時代の黒子と高尾と…もう1人、見知らぬ赤い髪の男が映っていた。 「コイツは……誰だ」 そんな時、便利屋に人探しの依頼が舞い込む。情報を得るために黒子と黛が向かったのは誠凛メンバーの経営するカフェバー。そこで二人はとある情報屋と出会うのだが―― 「そろそろ話さなければと思っていたんです。ボクの過去のこと」 黒子の過去、そして黛に関する重大な真実が明かされる。 ※本文はpixivにて掲載中。 ※表紙はクラフト紙に印刷されるため、画像のものとは雰囲気が変わります。 ■A5 ■56P